Фрилансеры предложат свои варианты уже через несколько минут!
Публикация заказа не займет много времени.

Японский

「オウム真理教の活動のイデオロギー特徴」というテーマの卒業論文は4つの部分からなります。それは序文と第1章と第2章と結論です。

第1章には、テロ集団としてのオウム真理教団体に関わる理論的な基礎が述べられています。現在科学には、「テロリズム」と「テロ活動」という表現の定義に関しては、用語上の正確な定義の問題がありますので、ランツォーヴェS.A・オデーッスキM.・フェールドマンD.という著者が使用している定義と専門用語が選択されることになりました。その上、1994年12月9日、総会が「国際テロリズム廃絶措置宣言(Declaration on Measures to Eliminate International Terrorism)を採択した書類に書かれた犯罪本質の観念を解析して見ましたこともあります。

本書には、オウム真理教のテロ活動の分類の限定の為に、ランツォーヴェS.A・ボタショーワA.K.・ペトリシェーヴ V.E.・メレンチェーワN.などの著者の科学研究が使用されました。本書には、様々な特徴(場所・使用道具・規模など)によってテロリズムのタイプの混交がありますので、ある分類システムを批判して見ました。
第二章では、オウム真理教の宗教的活動について概説します。この団体は「宗教集団」として登録され、そして「救助観念」を中心した教義が仏教・印度教・キリスト教の習合でしたので、オウム真理教の活動は代表的な宗教の特徴を持っていたのかと思うと当たり前かもしれません。ですが、様々情報によると、オウム真理教の活動は宗教の特徴を持っていたこと以外には、全体主義・破壊主義的な特徴もあったと明らかになりました。

オウム真理教の指導者の裁判で発表されたデータを考えると、日本とロシアのテレビでは、犯罪者の心理学と犯罪の社会学の表面的な写真しかありません。 したがって、この現象は包括的な研究を必要とします。 私の論文を擁護した後、私はオウム真理教の例を用いて犯罪心理学の観点からイデオロギー的に破壊的な違法行為を検討するつもりです。